現 職
  • 明治大学 名誉教授
  • 工学博士
  • 国土交通省社会資本整備審議会委員、経済産業省消費経済審議会委員、消費者庁参与、明治大学校友会 会長
  • 私立大学情報教育協会 会長
学 歴
1961年
明治大学付属明治高等学校 卒業
1965年
明治大学工学部電気工学科 卒業
1967年
明治大学大学院工学研究科電気工学専攻修士課程 修了
1970年
明治大学大学院工学研究科電気工学専攻博士課程 修了
職 歴
1970年
明治大学工学部電気工学科 専任講師
1978年
明治大学工学部電子通信工学科 教授
1986年
明治大学計算センター 所長
1988年
明治大学情報科学センター 所長
1989年
明治大学理工学部情報科学科 教授
1992年
明治大学 評議員
1996年
明治大学大学院理工学研究科 委員長
2002年
明治大学理工学部 学部長


1974年
電子技術総合研究所 流動研究員
1975年
京都大学数理解析研究所 短期研究員
1986年
カリフォルニア大学バークレー校 客員研究員
1988年
国際基督教大学大学院理学研究科 非常勤講師
1989年
玉川大学大学院工学研究科 非常勤講師


1987年
国際ファジィシステム学会(IFSA)副会長
1993年
日本ファジィ学会 会長
2002年
日本信頼性学会 会長
2006年
日本学術会議 連携会員(現在) など。
専門分野
情報学:
特に、ファジィ理論、人工知能、ネットワークセキュリティ、情報システム、コンピュータネットワーク
安全学:
特に、フェールセーフ理論、フォールトトレラントシステム、機械安全
論理学:
特に、論理数学、多値論理、ファジィ論理
著 書
  • ファジィ理論がわかる本、HBJ出版局、1988
  • コンピュータシステムの高信頼化技術入門、日本規格協会、1988
  • フォールト・トレラント・コンピューティング、丸善株式会社、1989
  • ファジィのはなし、日刊工業新聞、1989
  • ファジィ「あいまい」の科学、岩波書店、1990
  • ファジィ論理、日刊工業新聞社、1993
  • ニューロとファジィ、培風館、1994
  • よくわかるリスクアセスメント、中災防新書014、中央労働災害防止協会、2003
  • 安全とリスクのおはなし、向殿政男監修、中嶋洋介著、日本規格協会、2006
  • 安全設計の基本概念、日本規格協会、20007
  • 機械安全、日本規格協会、2007
  • 制御システムの安全、日本規格協会、2007
  • 安全学入門~安全の確立から安心へ~、研成社、2009 など。
コメント
現在、新しい学問としての「安全学」の確立を提案しています。それは、以下のような方針で実現しようと考えています。
安全は、これまでいろいろな分野でそれぞれ悲惨な事故・事件の経験を通して、懸命に追及され、安全の知識と経験が築き上げられて来ています。しかし、分野ごとの個別性が強いために他の分野の安全にはなかなか伝わりませんでした。安全の確保には、共通部分があるはずです。そこで、どの安全の分野にも適用可能な部分を共通化して、安全の「知」の構造として築き上げて行きたい。その構造の枠組みは、安全の理念的側面の下に技術的(自然科学)、人間的(人文科学)、組織的(社会科学)な側面に分類することを通して、統一的に安全を実現しようという考え方です。安全の各専門分野で培われた経験や知識を一般化して、それぞれの側面の充実のために提案することで、安全の「知」の構造を充実させ、更にその共通部分から自分の安全の分野に利用可能な知見を導き出す。安全の知の体系を全員で作り上げよう、そして、それを安全学として確立しようという提案です。